OZAWA STUDIO

SONY MDR-CD900ST

SONY-MDR-CD900ST

SONY MDR-CD900ST

音楽制作を始めた頃から使用しています。軽量コンパクトで装着感バッチリです。

音楽を聴いてテンションが上がるような音色のヘッドホンではなくて、完全にお仕事向き。多くの方が使う定番ヘッドホンとのことですが、音質は派手でかなり癖があります。レコーディングスタジオに行くと900STが大量に転がっていますので、好きでも嫌いでもこのヘッドホンの特徴を覚えて録音に慣れておく必要がありました。

解像度感が高く、高音域が鮮明。レコーディング後のノイズチェックやアタックの確認。採譜業務(耳コピー)の時に使っていますが、プライベートの音楽鑑賞では使わないです!

小さな音量でも長時間の作業だと耳がバテてしまいます。このヘッドホンでサックスをレコーディングした直後は、耳で生音やスピーカーからの音が判断できなくなります。スピーカーで確認したりミックスするのは耳を休めてからにしています。

1989年発売のロングセラー。扱いが悪いのでボロボロになってしまいましたが、現在でも修理部品が入手できることは素晴らしいです。

生徒さん達には、スマホに付属するイヤホンを推薦してますが、試聴したい方はレッスン時にお知らせ下さい。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE