OZAWA STUDIO

Equalizer

Equalizer

サックスレッスンでDAWを触っている時に興味を持たれるのが、EQ(イコライザー)です。楽器の音色を調整する時に使用するプラグインで、様々タイプのEQが発売されています。オーディオ製品やテレビ、ラジオ、スマホなど、身近なところに簡易的なEQが付属しています。

EQもサックスと同じように各社モデルごとに音色や操作性に特徴があります。例えば、アナログ機材をシュミレートしたEQの中には、サックスをレコーディングしたトラックにEQをインサートするだけで音色が変わるものもあります。スタジオのMacの中には、長年買い足して収集した業務用のEQが大量に入っていますので、音色を比較したい方はレッスンの時にお知らせ下さい。

サックストラックのEQ

録音環境や楽曲のアレンジにもよりますが、ジャズの小編成のサックスならば超低域のカットぐらいで十分です。サックスの生音に極端な癖がなくて自然な音であれば、EQで積極的にキャラクターを変化させる必要はありません。最初のEQは、不要な音をカットして整える為に使います。写真や動画のカラー編集する前に、撮影時の露出に戻すのと同じような作業です。

アルトサックスの最低音Bb(実音Db)は138Hzですので、それ以下の音域が録音に含まれている場合には楽器そのものの響きではなく、共鳴した部屋鳴りなどの不要なノイズです。100HzぐらいにLFフィルターをセットして左右に周波数を移動させながら音色に影響のないところを探して不要な音をカットします。(これをしないと、その後の音作りでノイズが強調されてしまいます)

他の楽器と混ぜた時の感じで音作りは変わるので、一つのEQだけでサックスの音を作ることはありません。コンプレッサーやリバーブなどを組み合わせると倍音が変わってきます。アルトサックスは、耳障りな音域に倍音が集まります。EQでHighを強調しなくても他のプラグインをインサートするだけで十分すぎる歪みが得られたりします。

SONNOX OXFORD EQ

好んで使っているEQは、Sonnox Oxford EQです。とりあえず何も考えずにDAWにインサートしてます。音色が良いのはもちろんのこと、マウスで操作した時の音色の変化が直感的で欲しい音にたどり着くのが早いです。いつも使っているので操作にカラダが慣れているんだと思います。

余計なものが付いていないシンプルなUIが最高。音が視覚化できるアナライザーは付いていないので、自分の耳や直感を信じて音作りに集中できます。

UAD Cambridge EQ

UADのCambridge EQとOxford EQは同じような5バンドのEQです。微妙に音色が違いますが、どちらもDAWに付属のEQと比べると明らかに高音質です。僅かにツマミを操作するだけでも音質の差が明確に出ます。

音色にキャラクターを付加するような使い方ではなくて、音色を整えるEQとして使っています。歪みを強調させる時には、他のアナログ系のEQを使います。

FabFilter Pro Q3

FabFilter Pro Q3は高機能すぎて使いこなせてませんが、制作意欲が上がるUIです。こちらはアナライザー付きですので、音を視覚化して確認することができます。レッスンで音色確認時に使用しているのは、Pro Q3です。

本来の使い方ではありませんが、採譜(耳コピー)業務の時にはFabFilterを使います。一般的なEQでは作れないような独自のカーブが作れますので、サックスの音だけを聞き取りやすくしたり、アナライザーを使ってジャズドラムのフェザリングなどの聞こえにくい音を採譜する時に重宝しています。

サックストラックにインサートする時は、処理方式がZero Latencyを選ぶと音質の変化が気になるので、Natural Phaseを選ぶようにしています。

サックスの倍音をアナライザーで分析

サックスレッスンで録音した演奏をアナライザーで視覚化すると、倍音のことがイメージしやすくなると思います。音色作りの基本は、客観的に自分の演奏を聞いてみることです。リファレンスにしているアーティストの音色と比較をすることでサックスの音色への興味が深まるはずです。

人気の高級リガチャーに重たい楽器、金メッキのネックに金属マウスピースで誰にも負けない大きくて派手な音。一体何と競争しているのでしょうかね?吹いている本人は気持ちが良いのですが、歪みが強調されすぎたブライトなサウンドは、聞いている人には細くて耳障りに聞こえているかもしれません。

お気に入りのビンテージサックスを入手してサブトーン。柔らかい音を出しているつもりが、鳴らないリードを無理して吹いているよう聞こえているかもしれません。(←これ私のことですね)

明るい音にも暗い音にもそれぞれ良い音があります。時には偏った音作りを試してみるのもありです。そうすることで、極端な音作りに気づいて、フラットで癖のない自然な音色を探せるようになるかもしれません。マウスピースやリードの組み合わせることや、サックスの奏法で倍音をコントロールすることは、EQのつまみを触って調整することに似ています。色々と試してみることが大事ですね。

ただサックス吹くだけの練習じゃなくて、積極的にRecボタンを押して自分の演奏を聴いてみましょう!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE