SAX LESSON

サックスレッスン・コンセプト
Learn(学ぶ)Performance(演奏する)Creative(創る)

楽器

楽器の構造、本体、マウスピース、アクセサリーの組み合わせ、リード選定方法、メンテナンス、定期的な楽器調整の重要性について学びます。サックスは、マウスピースやリード、リガチャーの組み合わせで音色の方向性を変えることができます。その中でも演奏パフォーマンスに大きく影響するのがマウスピースとリードの組み合わせです。楽器経験や上達に合わせて適切なセッティングをご提案いたします。

奏法

カラダの内部から奏法を見直します。楽器演奏時の理想的な姿勢、呼吸法、アンブシュア、フィンガリングなどの基本を学び、安定感のある演奏フォームに改善します。マウスピースやネック練習、ロングトーン、オーバートーン、音量、音色、替え指、チューニングコントロール、ハーフタンギング、フラジオ、ファズトーン、オルタネイト・フィンガリング、クォータートーン、マルチフォニックス、循環呼吸など、より深い音楽表現に必要なサックス奏法をアドバイスします。

レッスン・テキスト

Lessonナンバーごとに区切られた専用テキストは、初心者からベテラン奏者まで幅広い受講者に対応しています。リズム、音名、調、臨時記号、表現記号などの楽譜の読み方を徹底解説。フィンガートレーニング、12Keyのスケール練習、インターバル、コード、ビバップライン、ジャズ理論、移調ライティングなど、サックス奏者に必要な基本練習を学びます。楽典や各種フィンガリング・チャートを掲載(基本、トリル、変え指、フラジオ、マルチフォニックス、オルタネイト・フィンガリング、クォーターノート)

レッスンテキストは、指導効果の検証を続けながら、わかりやすく効果的な内容にアップデートされます。

サックスレッスン・テキスト 2020年版・発売中!

  • SAX LESSON Vol.1(初心者編)
  • SAX LESSON Vol.2(Major & Minor Scale 12Keys)
  • SAX LESSON Vol.3(Interval)
  • SAX LESSON Vol.4(Chord)
  • SAX LESSON Vol.5(Diatonic Chord)

レパートリー

使用するレパートリー楽譜やマイナスワン音源は、レッスン専用に独自で作編曲、音源制作しています。

演奏難易度別にRepertory 1は、音数少なめ初心者向け→Repertory 5は難易度高など、様々なジャンルの楽曲を毎月新しく追加しています。

全ての楽譜には、サックス演奏に必要な奏法記号(スラー、ハーフタンギング、替え指、コードネーム )などを参考表記。サックスの表現方法をより深く学びます。 

聴力の限界まで細かく採譜したアドリブソロ完全コピー譜は、上級者のアーテュキレーションやアドリブフレーズ研究に最適です。

クラシック、ジャズサックス奏法に対応

サックスレッスンは、指導者の専攻に合わせてクラシックとジャズの2つのコースに分かれていることが一般的です。当教室のレッスンでは、従来のように音楽をジャンルや演奏スタイルごとに区切らず、様々な年代の楽曲や奏法研究を通じて総合的にサックスを学ぶことを推奨しています。クラシック教則本や楽曲指導、コンテスト対策、ソルフェージュ、ジャズのアドリブやジャムセッション対策、コード進行や作曲など幅広く対応しています。レッスンへの要望や方向性などは、お試しレッスンにてご相談ください。

1レッスン・60分

どんなに速く指が動いて難解な楽曲が吹けたとしても、コントロールされた深みのある音色でなければ音楽的には聞こえません。当教室では音作りが最も重要だと考えています。レッスン開始と同時にいきなりテキストや課題曲を吹き始めることはありません。ウォーミングアップ方法を学び、自主的にコンディションを整えるための音色作りの時間を確保しています。大人の趣味としてサックス演奏を楽しむためには、1レッスン・60分が必要です。

アドリブ

お洒落な大人の音楽ジャズ。サックスがソロ楽器としてフューチャーされ、その圧倒的な表現力に魅了されサックスを習い始める方が増えています。メロディーを自分の感覚でフェイクし、即興(アドリブ)でソロを演奏します。これからのサックス奏者は、楽譜が吹けるだけでは成り立ちません。総合的な音楽力やアドリブへの対応が求められます。レッスンでは、スケールやコード進行法など、アドリブや音楽の基礎を学びます。自分自身の音楽を創ることをはじめましょう。

レコーディング

当教室のレッスンは、いつでもレコーディング環境が準備されています。言葉だけの指導ではなく演奏を録音再生してその場で確認可能。Focal社など複数の高音質モニターでの試聴環境、サックスレコーディング用に残響設計されたスタジオ内では、不必要な反響音が抑えられており正確に音色の判断をします。リズムやチューニングがどの程度ずれているのか?音量、音色は適切か?リードやリガチャーの組み合わせで倍音がどう変化するのか?ナチュラルで深みのある音色とは何か?数学的、視覚的、感覚的に研究します。副科のフルート、エアロフォン、キーボード、ピアノ、DAWソフトの使用した作曲・編曲、採譜、楽譜ライティング、マイキング、ミキシング、プラグインエフェクトの活用法など、サックス奏者に必要な音楽制作方法を学びます。

サックス初心者に完全対応

楽器やリード購入のアドバイス、奏法、楽譜の読み方など、サックス初心者を完全サポート!サックスが大好きな初心者さんが、東京〜名古屋からレッスンに参加されています。サックス練習会や親睦会、ジャムセッションなど、音楽のあるライフスタイルを楽しみましょう!レッスン副科として、ローランドの人気デジタル管楽器「エアロフォン」ヤマハ「ヴェノーヴァ」のレッスン指導を追加。サックスレッスンと同時に受講が可能です。

アルトサックス・レンタル

楽器がなくても大丈夫!サックス購入前の方は、当教室備品のレンタル用アルトサックスを使用してレッスン受講することが可能です。レッスンを受講して音が出せるようになってから、サックスを購入したいと考えている方に最適です。定期的なバランス調整をしており、音が出しやすい状態に保たれています。キーバネ圧は初心者向けにやわらかめに調整。定期的な分解洗浄クリーニングを実施しており、清潔な状態で管理されています。ご入会月のサックスレンタル料金無料(演奏で使用するリードやクリーニングスワブは別途購入が必要です。リードは教室にて定価の30〜40%offで購入可能です)